浄化槽保守点検・清掃

新築・改築等で浄化槽を設置しますと、使用者は浄化槽法により維持管理の義務付けがなされます。

維持管理(保守点検・清掃)には専門的な知識が必要となり登録や許可を得た業者へ委託する必要があります。

その際に、業者選択がとても重要となります。

弊社では担当者がお客様の都合に合わせ、お見積りから業務内容まで丁寧にご説明いたしますので、浄化槽に関する事は、お気軽にお問い合わせください。


① 浄化槽維持管理係

浄化槽は微生物の働きにより汚水を浄化し、きれいな水にして川などに放流する設備です。

適正な使い方・維持管理を行はなければ放流水の水質悪化・悪臭につながり、環境の悪化にも

つながります。

正しい使い方、適正な維持管理を行い本来の機能を十分に発揮できるよう弊社が責任をもって

対応させていただきます。

 

1.保守点検

 

・浄化槽が適正に機能しているか点検・調整を行います。

・微生物の環境を整える為、水質検査を行います。

・きれいな水を放流する為、消毒剤の補充や必要に応じた

 害虫の駆除・脱臭制御を行います。

2.清掃

 

浄化槽の処理にあたって汚泥・スカムといった泥の塊が生じます。

これらを除去しないと浄化槽の機能に支障をきたし、処分が不十分

になったり、悪臭の原因になります。

そこで、スカム・汚泥を槽外へ吸引車で引き抜きをします。

 

 

 

 

※見積無料、お気軽にお問い合わせください。